MENU

専門医による歯を抜かない歯周病治療

治療の流れ

  1. 問診

    お口の中で気になっているところや悩んでいること、痛いところなどを詳しくお聞きし、現在の症状の把握を行います。また全身疾患などもあればお聞きします。

  2. 検査

    現在のお口の中の状況を患者さん自身にも理解していただけるように、様々な検査を行います。

    ・口腔内写真
    ・歯周ポケット検査
    ・噛み合わせ
    ・レントゲン写真
    ・細菌検査
    ・染め出し など
  3. 病態の説明

    歯周病の状態は一人一人異なるため、検査結果を分かりやすく説明し、治療計画などをお話します。

  4. 初期治療

    歯周病治療の基本となるもので、歯みがき方法の改善や歯石除去などを行います。簡単な虫歯の治療や、咬合調整、仮歯の作成なども必要に応じて行います。
    問題点の改善やお口の環境を整えるために歯科医師、歯科衛生士が協力して進めていきます。

  5. 再評価

    再度全体的な検査を行い、どのくらい改善したか確認します。歯肉の腫れや炎症が残っている場合、必要に応じて更なる歯石の除去などを行うかどうかをチェックします。

  6. 歯周外科

    初期治療で除去できない歯石や炎症がある場合、外科的な歯周治療を行います。

  7. メインテナンス

    口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療後も定期的 なメインテナンスが必要となります。再発防止には患者さん自身によるプラークコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメインテナ ンスすることが重要です。

症例

ほとんどの歯周病の治療は保険診療の範囲内でできます。
歯周組織再生療法などの特殊な治療の場合は保険外治療となることもあります。