MENU

専門医による審美セラミック治療

審美セラミック治療によって、虫歯で治療した痕跡を全く残さず、もともとあった歯のような自然な色調を再現することが可能です。

審美セラミック治療とは

審美セラミック治療とは、虫歯によって歯の一部あるいは歯全体の修復が必要になった際に、銀歯などではなく、もともとの歯のような自然な色調で回復する治療法のことを言います。
保険適用の範囲内で治療を行うと、下記のような治療法に限られてしまいます。

部位 虫歯の大きさ 保険適用範囲内での治療法
奥歯 一部 銀の詰め物、白いレジン
奥歯 全体 銀の被せ物、白いレジンの被せ物
前歯 一部 白いレジン
前歯 全体 銀の土台に白いレジンを持った被せ物

上の表のように、保険の範囲内で使用できる材料は限られており、金銀パラジウムと呼ばれる銀色との金合金か、レジンと言われる白い樹脂の2つになります。

■金銀パラジウム
金銀パラジウムと呼ばれる金属は銀色をしており、お口を大きく笑うと大変目立ち、見た目あまりよくありません。さらに、この金属は数種類の金属を混ぜ合わせた合金で、常に水分に晒されているお口では、時間が経過すると腐食し、イオン化した金属イオンが、金属アレルギーの原因になることもあります。
見た目だけではなく、健康にもよくない金属であり、海外ではほとんど使用されていません。また、自分の歯との適合精度もあまり良くないため、境目の部分や、被せ物の内部が再度虫歯になることもしばしばあります。しかしなら、金属ということで強度があるため、奥歯で使用されることが多い金属です。
■レジン
レジンという材料は、樹脂の一種で白く、色調も数種類存在するため、先述した金銀パラジウムに比べると見た目が優れます。
一方で、レジンという材料は強度が弱く奥歯などでは欠けてしまうことがよくあります。また、長期間経過すると、水分を吸収するため膨張・変色が起こります。そのため、適合が悪くなったり、見た目が悪くなったりするのです。
■前歯の被せ物 〜保険と保険外の違い〜
<保険適用内>
保険適用範囲内で使用する前歯の被せ物は金銀パラジウムという金属の上にレジンを盛り付けています。したがって、時間が経つにつれ金属が腐食するとともに、外側の白い部分も色が変色してきます。また、金属がふしょくすると、歯ぐきが黒くなってしまい、組織に沈着し取れなくなってしまうこともあります。(メタルタトゥーと言います)

<保険適用外>
現在ではいくつかのセラミック材料が使用可能ですが、それらの特徴としては、
・色調が非常に自然でかつ、変色を起こさない
・プラークが付着しにくいため、虫歯や歯周病になりにくい
・金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がない
・強度に優れる材料もあり、欠けることが少ない
当院では患者様が、長期に渡って見た目も美しく、機能的にも問題がなく、そして、身体に優しい材料をご用意しております。
お気軽に担当医にご相談ください。