MENU

専門医による安心のインプラント治療

インプラント治療には難易度があり、骨が不足している場合や複数のインプラントの埋入では、高度な技術が要求されます。当院では、難症例については専門医と連携し、患者様が安心してインプラント治療を受けられる様な体制を整えています。

インプラント治療はリスクを伴う治療

インプラント治療は、歯を失ったあとの補綴(ほてつ)治療という中の選択肢の一つにすぎません。しかしながら、他の治療法と決定的に異なる点は、外科的処置が必要であるという点です。具体的には歯茎を切って、骨に穴を開けるという処置が必要になりますが、これらは場所によって神経や血管を損傷するリスクがあります。神経を損傷してしまった場合は知覚の麻痺が起き、完全に元どおりにならないこともあります。また、血管の損傷は時に重篤な状態に至ることもあります。
したがって、当院ではそのリスクを回避するために術前に必ずCTを撮影し、リスクについても十分な説明を行なったのちに、治療を開始するように心がけています。

インプラント治療の難易度

インプラント治療の中にも、難易度があります。
例えば、奥歯1本を失った場合、インプラントを埋めるだけの手術に関してはそれほど難しくありませんので、当院のドクターでも十分に対応が可能です。 しかし、前歯や上の奥歯などで、インプラントを埋めるために骨が極端に不足している場合は、不足している骨を外科的に補う処置(骨造成)が必要となります。これにはある程度熟練した技術と知識が必要不可欠となります。
当院では、CT分析の結果、このように難症例で判断した場合は、インプラント専門医と連携をとって安心・安全の資料を提供できるよう、心がけています。
他院で「インプラントはできない・難しい」と言われた患者さまも、ぜひお気軽にご相談ください。

安心の連携体制

当院では、近くの市民病院や国立大学附属病院、あるいは、インプラント専門医と強固な連携体制をとっています。
それにより、多角的な診断が可能となり、インプラント手術がより予知性が高く、安全な治療となるように心がけています。
手術が不安という方には、麻酔医とも連携し、静脈内鎮静法と呼ばれる麻酔により、少しぼーっとした状態で手術を行うことも可能です。